茶産地「静岡」の新茶

※新茶販売時期の詳細はホームページにてお知らせいたします。またはお問い合わせ下さい。

日本茶インストラクターのブログ「リーフティーでゆとり日和」

かつお節のこだわり

新茶の製茶工程

< 前のページへ戻る

新茶の製茶行程一挙公開
蒸す
揉捻
整揉
熱乾燥

STEP1 蒸す


蒸された直後

蒸された直後(コンベアー内)
日中摘まれた茶葉は「蒸す」ために一定の量でコンベア―で流されて機械に入ります(蒸しムラをなくすために)。「蒸し」が完了したばかりの茶葉はきれいな緑色。お茶の青々しい香りが立ち込めます。


蒸される前の茶葉

蒸された後の茶葉
左が蒸される前の茶葉。右が蒸された後の茶葉。


STEP2 揉捻(じゅうねん)


揉捻機(右)

揉捻機(左)
少し熱乾燥させてから揉捻機にかけます。お茶がないようにみえますが、機械下のはけ部分にあり、溝をなぞりもまれていきます。


左:揉捻前/右:揉捻後

揉捻したすぐ後-ぐり茶
揉捻機から仕上がったばかりの新茶です。もまれた新茶は形もサイズもバラバラです。これからねじれた茶葉をのばされる整揉機に入ります。写真は整揉機に入る前と、入った後の茶葉です。こんなに違います。


STEP3 整揉


揉捻中

揉捻中の茶葉
中心部分の洗濯板のような部分で茶葉を整揉していきます。お茶の様子をみながら職人のカンを頼りに整揉する圧力を変えていきます。揉捻されているお茶は、あたたかく見た目は固そうですが、まだまだ水分を含みやわらかいです。


STEP4 熱乾燥


最後の乾燥仕上げ

出来上がり!
整揉がおわるとさ最後の仕上げ、熱乾燥で水分を取り除きます。
右写真は出来上がったばかりの新茶です。濃く深い緑色で葉は新茶独特の針のよう。仕上がったばかりなのであたたかくあまい新茶の香りがしました。